トップページ > 新校舎ギャラリー
新校舎ギャラリー

50年近く親しんできた校舎が、平成22年11月に新しく生まれ変わりました。
明るく開放的になった新校舎をご覧ください。

正門のアプローチから臨む新校舎。
正面玄関の様子。左側が新校舎、右側の円形の建物は聖堂です。
正面玄関入口にあるロゴ。
学園の創立者ドン・ボスコの像。これは旧校舎の正面玄関にもあったものです。
1Fの東端は聖堂です。聖堂前に学園の創立者ドン・ボスコとマリア・マザレロのパネルがつくられました。
聖堂に至る通路にはステンドグラスが。
聖堂の内部。
1Fの外部はピロティとよばれる柱構造の開放空間。内部は図書室、事務室があります。2Fは1・2年生、3Fは3・4年生、4Fは5・6年生の教室がそれぞれ新たに配置されました。
昇降口も広く明るくなりました。
ラウンジは、勉強をしたり談話をしたり、生徒が自由に使えるスペースです。1Fの教室は、調理教室と被服教室です。
1Fの図書館。以前に比べて開放的になりました。
1F図書館。
各階南側のつきあたりは八角形の特別教室になっています。1Fは視聴覚教室マリア・ホール。
マリア・ホールの出入口からは、ルルド(岩屋)の聖母像を臨むことができます。
このルルドと聖母像は、建替工事の際に取り壊さずに残したものです。
昇降口北側の聖家族像。
各フロアにはシンボルとしての聖像が置いてあります。2Fは聖家族像。
職員室前の様子。グランドに東面しているラウンジは、広く開放的です。ここは生徒が休み時間に先生に質問をしたり、ちょっとした打ち合わせに活用したりしています。
テラス窓や昇降口のガラス扉に入っている“ MEGUROSEIBI ”のロゴ。
職員室前のラウンジからは、グランドに面したテラスに出られます。
2Fパソコン教室での授業風景。
新しい教室でお昼の会話もはずみます。
3Fのシンボル聖家族像。
3F南側にある第一音楽室。音楽の授業のほか、合唱部が使用しています。
3F第一音楽室での授業風景。
3F第二音楽室。
3F物理室。
3F化学室。
3F生物室。
4Fにある牧者イエス像。
4Fの書道室。書道の授業は、1・2年生の全員と4年生の芸術選択者が受講しています。
4F書道室での授業風景。
書道室の作品ケース。
4Fのお茶室「みこころ庵」。
茶道の課外授業のほか、1〜3年は年に一度、この部屋で作法の授業を受けます。
4F美術室。
4F美術室での授業風景。
4F多目的教室2。晴れの日には遠く富士山が臨めます。
体育館全景。
体育館での授業の様子。
現在のグランドの様子。トラックが整備され、芝生が以前のように張られました。
校舎全景。
校舎内から見た西門。
西門は聖母子が見守ってくださっています。
西門付近から見た校舎の様子です。