トップページ > 学園生活 > 学校行事
学校行事
1学期
4

入学式
新1年生にとって、今日から目黒星美学園での新しい学園生活が始まります。

新入生歓迎会

オリエンテーション

5

体力テスト

修学旅行(5年)
5月上旬、4泊5日の日程で5年生は九州地方(平戸・長崎・天草・阿蘇)を訪れます。修学旅行のテーマは「キリスト教」「平和」「自然」の3つです。
・キリスト教…平戸・長崎・天草にある数多くの古い教会群を訪問します。ミサと祈りを捧げ、キリシタンの地に息づく信仰風土に触れます。
・平和…長崎では原爆資料館や如己堂など原爆の悲惨さを伝える場所を訪ね、平和について考えます。平和記念公園では毎年、平和への祈りをこめた千羽鶴を捧げています。
・自然…西海の変化に富んだ景色や阿蘇の雄大な景観に触れ、美しい日本の自然美を再発見します。
修学旅行は友人とのきずなもいっそう深まり、生徒にとって意義深く、また学園生活の大きな思い出の一つとなる行事です。

開校記念日

聖母祭
5月は「聖母マリアの月」であり、学園では全世界のサレジオ会系の兄弟校・姉妹校とともに聖母祭を祝います。9日間「徳の花」と称する良い行いを励行して準備し、当日は全校生徒でミサにあずかります。ミサの後、全員が校庭のルルド(聖母マリア像のある岩屋)まで行列をつくって進み、一人ずつ献花をします。ミッションスクールの本校ならではの行事です。

中間テスト

6

学校説明会

英語語彙コンテスト

球技大会
学年対抗で行われるため、どの学年も必死に練習を重ね、この日に備えます。種目はバレーボール、バスケットボール、ドッジボール、卓球、キックベースがあり、全員が選手となって活躍します。生徒が燃えに燃える行事です。

芸術鑑賞
6月の土曜日の活動は芸術鑑賞を行ないます。1・2・3年生は学園の講堂で主に伝統芸能(狂言・落語・和楽器演奏など)を、4・5年生は校外で歌舞伎を鑑賞します。

7

期末テスト

夏期研修合宿(3・4・5年生希望者)
夏期研修合宿は、夏休みに実施される6泊7日の勉強合宿です。日中は80分授業が4コマあり、夜は7時から11時半まで教師の監督下で自学習を行ないます。この合宿を通して大学進学に必要な学習姿勢と学力を身につけていきます。

野外活動(1・2年生)
7月下旬、2泊3日の日程で1年生は裏磐梯(福島県)、2年生は霧が峰(長野県)へ場所を移して行なわれます。日常と異なる豊かな自然の中で仲間と生活を共にして友情を育み、人間的にも大きく成長する絶好の機会です。

ホームステイ(4年生希望者)
4年生の希望者を対象に、夏休みに3週間のホームステイ・プログラムを実施しています。ステイ先はアメリカ西海岸の自然豊かなオレゴン州セーラムです。参加した生徒たちにとって3週間の外国での生活は、語学面だけでなく精神的にも大きな成長を得る体験となり、忘れられない思い出となっています。

クラブ合宿(I期:7/28~31)

8

クラブ合宿(II期:8/20~23)

カトリック球技大会

ページトップへ
2学期
9

純花祭
純花祭の「純花」とは「純粋で花のような目黒星美生」ということで、従来の学園祭に替わり生徒自身の発案でつけられた名称です。各クラブ・委員会・参加団体とも毎年協力し合って純花祭を盛りあげています。催し物では講堂4団体(合唱部・ダンス部・演劇部・管弦楽部)が毎年熱のこもった公演を披露し、多くのお客様の好評を頂いています。バザーや各団体の売り上げの多くは、チャリティーとして国内外に贈られます。

学校説明会

10

体育祭
都内では珍しい芝生の校庭、周りには桜、ツツジなどが四季折々に花を咲かせます。緑豊かなこの場所で、目黒星美学園の体育祭は行われます。体育祭の日には校庭の空に万国旗がはためき、体育祭ムードを盛り上げ、生徒達も徒競走やリレーに力が入ります。毎年たくさんの保護者の方々が熱い声援を送って下さり、この日1日を生徒と共に過ごして下さいます。

中間テスト

11

学校説明会

慰霊祭
11月は教会の暦の上では「死者の月」です。学園ではこの時期、土曜日の活動として慰霊祭を行ないます。慰霊祭では一年のうちに帰天された、生徒・教職員の親族や知人の方々のお名前を一人ひとりお読みし、心を合わせてお祈りを捧げています。私たちが普段あまり考えない「死」というものを見つめ、向き合う貴重な時間です。

感謝の日

英語語彙コンテスト

関西巡歴(3年生)
3年生が京都・奈良を訪ねる2泊3日の関西巡歴は、「日本の心」を知る良い機会です。晩秋の鮮やかな紅葉の中で金閣寺・嵯峨野・清水寺、また法隆寺・薬師寺・東大寺をめぐります。伝統ある寺社の見学や仏像の鑑賞を通して先人の心に触れ、わが国固有の文化の良さを再発見する旅となります。

社会科校外学習

12

学校説明会

無原罪の聖母の祝日
12月8日は教会の暦の上で「無原罪の聖母の祝日」となっています。この日、原罪の汚れなき聖母マリアを称え、全校生徒が一堂に集いみことばの祭儀を行ないます。この日は学園の創立者ドン・ボスコが一人の少年バルトロメオ・ガレッリと出会い、青少年教育を始めた日でもあります。全世界の兄弟校・姉妹校の生徒たちと心を合わせて、聖母の取り次ぎにより罪を避け、兄弟愛に結ばれて平和な世界を築くことができるように祈りを捧げます。

期末テスト

校内クリスマス
クリスマスとは“Christ Mass”すなわち「キリストのミサ」という意味です。神の子イエス・キリストが幼な子としてこの世にお生まれになったことをお祝いし、学園ではミサが行なわれます。最後に全校生徒で歌うハレルヤ・コーラスは圧巻です。この日、校長先生からクリスマス・プレゼントのクッキーが全員に贈られるので、生徒は毎年楽しみにしています。

冬期研修(4・5年生)

スキー学校(1~5年生希望者)
毎年12月の冬休み、新潟県妙高高原にて希望者を対象にスキー学校を開きます。「いつも子どもたちとともにいる」というドン・ボスコの精神を実践するために、技術指導は外部のコーチでなく学園の教員が行なっています。また技術レベルの習得に応じて、学園独自の認定証を参加者全員におくっています。

ページトップへ
3学期
1

学校説明会

ドン・ボスコの祝日
1月31日は学園の創立者ドン・ボスコの帰天した日にあたります。学園ではこれを記念し、毎年1月に「ドン・ボスコの祝日」をお祝いします。音楽や演劇を青少年の教育に欠かせないものと考えていたドン・ボスコにならい、この日は全校で演劇・映画を鑑賞したり、講演・パネルディスカッションに参加したりします。

2

入学試験 合格発表

合唱コンクール(1・2・3年生)
3学期に入ると、1・2・3年生の教室から次第に歌声が流れてきます。合唱コンクールの練習です。2月の本番では課題曲と自由曲を各クラスがステージで発表します。歌の技術だけでなく、クラスの高いレベルでの一致が要求されるこの行事は、往々にして生徒たちに葛藤と困難を突きつけますが、それを乗り越えたところに真の相互理解と感動が待っています。その上優勝できたら!?毎年涙、涙の行事です。

テーブルマナー教室(4年生)

3

期末テスト

卒業式
3月1日卒業ミサと卒業式が行われ、6年生たちが目黒星美学園を巣立っていきます。卒業式のクライマックス「卒業の歌」をみんなで声を合わせて歌うときには、それまでの思い出が結晶となって目からあふれ出てきます。卒業生の一人ひとりが学園で学んだことを忘れず、たくましく歩んでいってほしいと思います。

春期研修(新3・4・5年生希望者)

ページトップへ