1年野外活動(7/21~23)

今年の1年生の野外活動は箱根に場所を移し、2泊3日で行いました。前日までの雨の影響で多少予定を組み替えましたが、初めての宿泊を伴う3日間の行程を1年生は無事終えることができました。

1年生

1日目。新宿に集合し、バス2台で一路箱根へ。生命の星・地球博物館を訪れた後、前日までの雨で道がぬかるんでいることが予想されたため、予定を変更し、箱根関所跡と成川美術館に行きました。当初の予定にない美術館訪問に生徒も戸惑いがあったようですが、入ってみると岩絵具で描かれた日本画の世界が意外にも新鮮で、「日本の美」を再発見し、心を動かされた生徒も多かったようです。

1年生

2日目。朝のラジオ体操の様子。天気はすっかり回復し、気持ちのいい朝となりました。

1年生

2日目はロープウェイで大涌谷まで向かい、そこから芦ノ湖をめざしてハイキング。硫黄のにおいのたちこめる大涌谷からは、富士山がきれいに見えました。

1年生

箱根の山道はきれいな清水や大きな岩も見られ、涼しい空気の中ヒグラシの声が新鮮に響きました。

1年生

芦ノ湖では遊覧船に乗船。湖上は大変気持ちがよく、自然の空気に大いにいやされました。

1年生

3日目はオリエンテーリングと飯盒炊爨。オリエンテーリングは地図を見ながらチェックポイントを回るのですが、地図おんち(?)な生徒が多いのか、迷子になる班が続出。お昼の飯盒炊爨ではカレーを作りました。まきの火などに四苦八苦しながらも、できあがったカレーにみな大満足でした。

1年生

1年野活は班分けを機械的に行い、普段それほど話さないクラスメートとも一緒になります。当初互いに不安がありながらも、生徒たちは協力して班行動をする中でお互いに親睦を深め、充実した時間を過ごすことができたようです。

[生徒の感想から]
●一番心に残ったのは、夜に部屋の窓から星を見たことです。箱根の夜空はとてもとてもきれいで、私は「満天の星空とはこのことなのか」と初めて感じました。
●オリエンテーリングでは途中何回も同じ場所に来てしまったけれど、最後に2位だと知り、とてもうれしかった。
●登山は途中でとてもつらくなった。けれど私が立ち止まると友だちも立ち止まって、「一緒に頑張ろう」とはげましてくれた。一人ではきつくても、友達がついていてくれれば乗りこえられるんだとあらためて実感し、いつも私の周りにいてくれるたくさんの友達に感謝した。この合宿で友達との仲がより深まった。
●関所やその周辺は、黒い建物が立ち並び、レトロな雰囲気のステキな町だった。
●さすがに6人で12人前を食べきることはできなかったけれど、炭だらけになりながら作ったカレーはとてもおいしかった。

ページトップへ
閉じる