トップページ > トピックス > 2009年度トピックス
トピックス
2010年3月22日
3年祝福ミサ

3月18日(木)は3年生だけが登校し、祝福ミサに与る日です。今年も保護者や教職員の見守る中、義務教育の課程を終えた3年生122名が壇上で神父様の祝福を受け、校長先生から卒業証書を手渡していただきました。外は春の陽気でぽかぽかと暖かく、3年生にとっては節目となるこの日が、静かな中にもほのぼのと心あたたまる良い一日となりました。

2010年3月18日
英語スピーチコンテスト

旧聞に属しますが、1月9日(土)に第58回第8支部英語スピーチコンテストが開かれました。本校からは昨年10月に校内選考会によって選ばれた5人が出場。5人ともネイティブの先生の指導を受け、しっかり練習をして本番に臨みました。当日は「外国滞在経験者の部」で2年生の生徒が見事第3位を獲得。“Nightmares not just a bad dream”というタイトルのスピーチは翌週の全校朝礼でも披露され、生徒からさかんな拍手が送られました。

2010年3月5日
卒業式

3月1日(月)に、45期生88名が卒業の日を迎えました。式の前に学年揃って、厳粛な気持ちで最後のミサに与りました。素直で明るく優しい雰囲気を持つ今年の卒業生らしい、温かな気持ちになる卒業式でした。その後の謝恩会も、涙あり笑いありの素敵な時間となり、最後にはお世話になった人々への感謝をこめて、全員で合唱を披露してくれました。

2010年2月24日
校外学習

2月20日(土)、5年生は校外学習として上野の美術館・博物館見学を行いました。美術コースは東京都美術館と国立西洋美術館、科学コースは国立科学博物館へ。都美術館ではラファエロやカラヴァッジオの作品をじっくり鑑賞し、科学博物館では物理などの体験できる展示に人気が集まりました。日中うららかな陽気となり、解散後に先生と上野動物園に向かう有志もいました。

2010年2月23日
テーブルマナー

2月20日(土)、4年生は市ヶ谷の私学会館でテーブルマナーの授業を受けました。フランス料理のコースを実際に食べながら、ナイフやフォークの使い方、マナーを映像を交えて学習。生徒はやや緊張しながらも、魚料理の骨の取り方など、意外と知らないマナーを学ぶことができました。お腹も満たせて、満足な授業だったようです。

2010年2月22日
合唱コンクール

2月20日(土)、第38回合唱コンクールがラウラ・メモリアルホールで催されました。昨年12月から1~3年の計9クラスが、責任者・指揮者・伴奏者および自由曲を選び、放課後のクラブ活動を削りながらこの日のために練習してきました。賞は“優勝”のみの過酷なコンクールですが、今年は自由曲「きっと…」を歌った3Aが激戦を制しました。

2010年2月16日
連合音楽会

2月11日(祝)、私立中高第八支部の連合音楽会が催され、本校から合唱部が参加しました。7校8団体がエントリーし、吹奏楽や女声合唱・混声合唱など、各校とも演出に工夫を凝らし、バラエティに富んだ演奏会となりました。本校合唱部も、慌しい中で練習をしながらの参加でしたが、目黒星美らしさを出したステージを披露することができました。

2010年1月28日
ドン・ボスコの祝日

ドン・ボスコの帰天した日が今月の31日であることを記念し、学園では16日(土)に行事を行いました。今年は、精神科医の桑山紀彦さんが訪れた国々の子供たちを紹介している「ありがとうの物語」という映画を鑑賞。フィリピンやカンボジアなど紛争や貧困に苦しんでいる国で、貧しい中でも希望を捨てずにひたむきに生きている生徒と同世代の子供たちの現状を見て、一人ひとりが本当の平和・幸せ・優しさとは何かを考えるよい機会になりました。

2009年12月27日
クリスマス会

12月19日(土)に校内クリスマス会が行われました。ハンドベルの美しい響きのある演奏からミサが始まり、演劇部・ダンス部・合唱部合同で演じられたイエス様誕生の聖劇を鑑賞しました。サレジオ会の浦田神父様のお話を頂きミサが閉祭すると、第二部は全校生徒で、管弦学部の演奏に合わせてハレルヤコーラスを合唱し、クリスマスをお祝いしました。

2009年12月8日
関西巡歴

3年生は11月18日(水)~20日(金)の三日間に京都・奈良の古都を訪ね、歴史と文化に触れてきました。出発する前に、巡る社寺について調べ学習をしていたので、みどころを押さえながらまわることができました。一番紅葉の美しい季節に、世界遺産や国宝・重要文化財にあたる建造物をじっくり見ることができました。

詳しくはこちら

2009年12月3日
「徳の花」放送朝礼

現在は「九日間の徳の花」の期間です。12月8日が無原罪の聖母の祝日にあたるため、この期間はそれに向けて心の準備を行います。今年は毎朝の放送朝礼で、アシュリー・ヘギ、水野源三、イ・チソン、八田與一、マイケル・ジャクソンの5人の人物を取り上げ、その生き方や言葉を紹介して、“他者のために生きること”について考えています。

2009年12月2日
ハレルヤコーラスの練習

校内クリスマス会が今月19日に催されるのにあわせ、そこで歌うハレルヤコーラスの練習を全校で行っています。ヘンデル作曲「メサイア」の中の有名なこの合唱曲を、クリスマス会のしめくくりとして歌うのが毎年の恒例。壇上の前・合唱部部長(5年)からの指導の声が飛ぶ中、管弦楽部のフルオーケストラ伴奏ともあいまって、日に日にレベルも高くなってきています。

2009年11月30日
6年の日

11月20日(金)は、6年生だけが学校で過ごす「6年の日」。卒業まで3ヶ月ほどと迫る中、一人ひとりがクラス全員にメッセージを書き、この学校・この学年で過ごせたことへの感謝を語りあいました。神父様のお話をふまえて、最後にある生徒が述べた「私たちは誰一人余分な存在はない。ということは逆に言えば一人ひとりに使命があるということだと思う。その使命を探し、果たしていきたい」という言葉が印象的でした。

2009年11月25日
社会科見学・校外学習

11月20日(金)は1・2年が社会科見学、4・5年が校外学習に出かけました。当初お天気は雨が予想されていましたが、当日はスッキリした秋晴れ。気温は低めだったものの、風が吹きつけることもなく、各学年ともそれぞれの場所で有意義な時間を過ごすことができたようです。

詳しくはこちら

2009年11月18日
図書委員ボランティア

11月14日(土)午後、図書委員の有志が、近隣の「マクドナルドハウスせたがや」にボランティア活動に行きました。この施設は成育医療センターに隣接し、病気の子どもとその家族のサポートを行っています。参加した中学生7名・高校生3名は、施設内の図書室での書籍整理、清掃、布団カバーの交換などの作業を行いました。

2009年11月17日
慰霊祭

11月14日(土)は慰霊祭が行われました。今年は30年前に『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』という手記を残して亡くなった医師・井村和清さんの映像を見、その言葉に耳を傾けました。31歳という若さで幼い子や妻を残して世を去らねばならなかった井村さんの、生前記した「あたりまえ」という詩に、多くの生徒が共感し、自らの生と死を深く考える時間を持つことができました。

2009年11月2日
練成会

10月31日(土)~11月1日(日)、1~3年の信者を中心とする16名が1泊2日の練成会に参加しました。今年は赤羽のサレジアン・シスターズ修学院に場所を移し、絵本『にじいろのさかな』を題材に、「愛されている人は…」をテーマとした分かち合いや祈りの合宿を行いました。「シスター方があたたかく迎えてくれて嬉しかった」「お互いを受け入れる大切さを学んだ」「自分も持っている輝くうろこを分かちあっていきたい」等の感想が寄せられました。

2009年10月9日
体育祭

10月6日(火)は体育祭。今年は学園のグランドが全面使用不可のため、代々木の東京体育館に会場を移して行いました。テレビなどでしばしば目にする有名な体育館ですが、見た目以上に広い!トラックが想像以上に長く、徒競走で息切れする生徒が続出でした。予行練習なしのぶっつけ本番でしたが、生徒の意識も高く、大いに盛りあがった体育祭となりました。

詳しくはこちら

2009年9月30日
Sr.レオノール来校

国際VIDES(サレジアン・シスターズの活動で、教育と開発をめざす女子国際ボランティア)の責任者としてローマから来日されていたSr.レオノールが、9月25日(金)学園を訪問され、放課後歓迎会を体育館で行いました。「幸せでありたいなら心の扉を外に向かって開きましょう」というメッセージをくださったシスターは、終始微笑みをたやさず、そのお人柄にふれた和やかなひと時となりました。

2009年9月29日
純花祭

“シルバーウィーク”となった今年9月の5連休。その1日目と2日目にあたる20日(土)・21日(日)に純花祭が行われました。新校舎での初の純花祭ということで、心配されたことも多少ありましたが、おおむね滞りなく開催することができました。

詳しくはこちら

2009年9月11日
夏休みの活動

今年の夏は新型インフルエンザの影響で、残念ながらホームステイが中止となりましたが、その他の夏休みの活動は予定通り実施することができました。

長野研修はこちら
野外活動(1年)はこちら
野外活動(2年)はこちら
合宿I期・II期はこちら

2009年9月9日
英語サマースクール

夏休みの8月1日(土)~3日(月)、英語サマースクールが行われました。今年は新しくなった校舎の教室に7名の参加者を迎え、ゲームも交え楽しく英語を学ぶ時間を体験してもらいました。担当のネイティブの先生によると「今年はレベルの高い生徒が集まった」。保護者の方々にもご好評をいただきました。

2009年6月23日
芸術鑑賞

20日(土)は芸術鑑賞。5・6年は校外で歌舞伎鑑賞をし、1~3年はラウラ・メモリアルホールで狂言を鑑賞しました。狂言の演目は「仏師」と「附子ぶす」。「セリフが分からないと思ったが、実際はきちんと理解できてうれしかった」「仏師が仏像になっている時のポーズが面白かった」「数少ない道具で、あれだけ長い話を観客に理解させることができるのはすごい」などの感想が寄せられました。

2009年6月20日
球技大会

梅雨空も中休みの19日(金)、球技大会が行われました。今年は落成した新体育館での初の大会となり、メインアリーナではバレー・バスケ・ドッジボールが行われました。一方、校庭が使えないため、今年は従来のキックベースの代わりに新種目フットサルを導入。こちらは卓球とともに、近隣の世田谷区の体育館で行いました。

詳しくはこちら

2009年6月17日
JLMM

15日(月)の放課後、校内のボランティア団体であるアグネス会では、JLMM(日本カトリック信徒宣教者会)の事務局長である漆原比呂志さんをお迎えし、カンボジアのコンポンルアンの水上村で行っている支援についてのお話しを伺いました。50名近い生徒の参加があり、カンボジアの様子とJLMMの活動について興味深く耳を傾け、質疑応答では積極的な発問が相次ぎました。

2009年6月11日
新校舎の祝福式

新校舎に移って第1日目となる6月8日(月)、1時間目に全校生徒と職員が新しい体育館に集い、神父様の司式による新校舎祝福式を行いました。体育館の祝別の後、列席された建設会社の方々のお話がありましたが、「(生徒の)皆さんの子どもや孫でも学べるように建てました」というお話しが印象的でした。百年もつというこの新校舎を、今後大切に使っていきたいものです。

2009年6月10日
新校舎への引越し

新校舎竣工(第Ⅰ期)をうけて、6月5日(金)午後、全校生徒で新校舎への引越しを行いました。教室の机・椅子のほか、旧校舎にあるありとあらゆるものを手分けして搬出・搬入する難作業でしたが、別世界ともいえる新校舎を生徒たちは“探検”しながら、作業は2時間ほどで終了。あちこちで歓声や「スゴ~い!」という驚きの声が聞かれました。

2009年6月1日
聖母祭

5月は教会の暦の上で聖母の月となっています。学園では最後の土曜日である30日、聖母祭が祝われました。この日から夏服に身を包んだ全校生徒が講堂に集い、各クラス代表による聖母像への献花とともにミサが行われました。神父様のお話では、映像を使いながら、「理想のお母さん」である聖母マリアについてのわかりやすい説明をいただきました。

2009年5月19日
修学旅行

5月7日(木)~11(月)、5年生が九州地方を修学旅行で訪れました。今年は全行程で晴天となり、初夏のまぶしい日差しの中、生徒たちは多くの土地で良い思い出をたくさんつくることができました。

詳しくはこちら

2009年5月14日
インターナショナルデー

4月26日(日)、アグネス会有志がインターナショナルデーに参加しました。これは毎年東京カテドラルで開かれるイベントで、今年は日本のほか、韓国・ベトナム・フランス・フィリピン・中国といった国々の人たちが、それぞれの民族衣装を着、歌や踊りを交えた国際色豊かなミサを捧げました。ミサ後はワールド・バザー(模擬店)で各国料理を堪能し、野外ステージで民族舞踊やミュージックライブを楽しみました。

2009年4月28日
健康診断&体力テスト

23日(木)は春恒例の健康診断と体力テスト。この日は全校一斉で身長・体重等の測定や視力・聴力等の検査・検診を行い、同時に上体起こし・握力・反復横跳びなどの体力テストも行います。画像は立ち幅跳びの様子。2m近く跳んだ1年生の笑顔が見られた一方、「体力が衰えた~」という6年生の嘆きも聞かれ、今年も悲喜交々でした。

2009年4月24日
新校舎

新校舎のⅠ期工事竣工まで一ヶ月余りとなり、防護シートで覆われていた校舎全体が見えるようになりました。画像は本校舎職員室から見た新校舎です。まだ中へ立ち入ることはできませんが、6月上旬には引越しをします。新しい校舎での学園生活を生徒も教員も楽しみにしています

2009年4月21日
朝読書

平成18年度から学園では朝読書を実施しています。朝読書とは、朝のホームルーム前の10分間を使い、1年生から6年生まで全校一斉で行う読書のことです。朝読書は活字に触れる機会となるだけでなく、気持ちを落ち着け、授業に入りやすくする効果もあります。入学後2週間がたつ新入生ですが、朝読書もしっかり板についてきたようです。

2009年4月8日
入学式

4月7日(火)、新入生の入学式が行われました。真新しい紺のブレザーに身を包んだ103名の新入生は、呼名を受けると元気な返事で起立をし、新たに学園の家族に加わりました。式後は外で記念撮影。澄んだ青空の下、例年より気長に咲き続ける桜が文字通り花を添え、それまで緊張気味だった新1年生の顔にも笑みがこぼれました。

ページトップへ