純花祭(9/19・20)

今年の純花祭のテーマは「DREAM」。天候に恵まれたこともあり、講堂4団体の公演を中心に今年も2日間とも盛況な純花祭でした。U期工事が九割方終わった新校舎がその全貌を現し、多数のご家族やOG、受験生のお客様が来校されました。

純花祭初日の開場直前に行う“前夜祭”。全校生徒が体育館に集まり、各団体が簡単に自己紹介をして気勢(?)をあげます。

管弦学部
チャイコフスキー作曲「眠れる森の美女」ほか全7曲を演奏。

ダンス部
三大作品「虹蛇」「オペラ座の怪人」「歴代戦士に会っちゃった」ほか全15作品を上演。

合唱部
ミュージカル「WICKED」を上演。

演劇部
オリジナル脚本「散歩する侵略者」を上演。

「高3食堂」の様子。クラブ等を引退し、日々ひたすら受験勉強にいそしむ6年生が、この日だけは全員がこのコーナーで奉仕。豚汁・焼きそば・ホットドックが好評でした。

茶道部の「みこころ庵」には、今年も多くの来客が。
中学作品展示では、1〜3年生の夏休みの課題や自由研究、製作品を展示。

化学部の展示の様子。いろいろな結晶をつくる研究の発表などを行いました。

ジュース冷えてまーす!

2日目終了後、一気に片づけを終えると後夜祭。今年も「ベストカップル」など前後夜祭委員が趣向を凝らした演目が目白押し。体育館が異常な盛り上がりを見せたあと、純花祭2日間の幕は閉じました。