関西巡歴(11/16~18)

3年生が奈良・京都をめぐる関西巡歴に行ってきました。歴史と文化を吸収しながら、それぞれが充実した3日間を過ごすことができたようです。クラスの友人たちと協力し合い、共に過ごす中で、友情も深めていました。

1日目

1日目。最初に訪れたのは、京都観光の大スター金閣寺。極楽浄土を表す庭園の中で燦然と輝く金閣寺に、生徒たちからも感嘆の声があがりました。

1日目

金閣寺の後、バスで嵯峨野へ。化野念仏寺から、祇王寺、二尊院、落柿舎、常寂光寺、天龍寺を班ごとにめぐりました。赤や黄色に色づき始めた木々が古寺独特の雰囲気を引き立てており、その美しさを写真におさめようと、カメラを取り出す生徒が多く見られました。

2日目

1日目の夜に奈良に入り一泊し、2日目は奈良を中心にめぐりました。生徒たちも楽しみにしていた世界最古の木造建築、法隆寺や薬師寺を拝観。薬師寺ではお坊さんのお話に熱心に耳を傾けました。

2日目

興福寺国宝館では、教科書や資料集で見たことのある有名な仏像と対面。外の広場では阿修羅像をまねて、記念撮影する姿も見られました。東大寺では、ベテランのガイドさんの案内でたくさんの驚きや発見をしながら見学。オープンしたばかりの東大寺ミュージアムを見学することもできました。夜は京都の旅館に宿泊。女将さんの京都弁に京都の雰囲気を楽しんでいました。

3日目

3日目の朝一番に訪れた西本願寺では、朝のさわやかな空気の中で記念写真を撮っていました。その後は、二条城、銀閣寺、知恩院を見学。二条城ではうぐいす張りの廊下を楽しみ、銀閣寺では、銀閣だけでなく、趣のある庭園にも感動していました。知恩院では、そびえたつ急な階段に息を切らしながら、日本三大門のひとつに数えられる三門をくぐりました。お昼は、清水順正で京都らしい食事に舌鼓をうち、清水寺へ。清水の舞台を見学したあとはお待ちかねの買い物タイム。家族や友達へのお土産をあれこれ迷い、記念の品を探していました。最後に訪れた三十三間堂では、一体一体違う仏像をじっくり見学し、誰かに似た仏像を一生懸命に探していました。

ページトップへ
閉じる