社会科見学・校外学習(11/19)

11月19日(金)に1・2年生は社会科見学に、4・5年生は校外学習に出かけました。各学年の行程と内容をご紹介します。(当日、3年生は関西巡歴、6年生は「6年の日」を校内で行いました。)

1年生

1年生は横浜市にある環境エネルギー館と丸富製紙の沼津工場の見学を行いました。
インタープリターとよばれる職員の方が、エネルギーの無駄を出さない床暖房のしくみや燃料電池などについてお話してくださいました。画像の丸富製紙工場では、使用済み牛乳パックをトイレットペーパー等の原料に再利用しています。入場券は一人1枚の牛乳パックでした。一人ひとりが環境問題について考えることのできた一日でした。

2年生

2年生は鎌倉見学。
北鎌倉にある円覚寺を出発して、各班がチェックポイントに立つ先生から出題されるクイズに挑戦しながらオリエンテーリング形式で浄智寺、銭洗弁天などを巡り、ゴールの鶴岡八幡宮を目ざしました。途中にはハイキングコースもありましたが、もう少しで見頃の紅葉を目にしながら最後まで全班が頑張ってゴールしました。その後、数週間前にオバマ米大統領が訪れた高徳院の大仏を見学して帰路につきました。授業で習った日本史の舞台を巡り、イメージを湧かせることができました。

4年生

4年生は茨城県笠間市に向かいました。
まず、ゴッホやモネ等の絵画を常設展示している日動美術館を見学。企画展示として北大路魯山人展が行われており、美しい陶芸作品などを鑑賞することができました。昼食後は笠間芸術の森公園でマグカップの絵付けに挑戦。事前にデザインを考えてから取り組みましたが、どのような作品ができるか待ち遠しいものとなりました。

5年生

5年生は東京駅に集合し、バスで千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館を訪れました。
通称「歴博」は体系的に日本史を見学することができる施設です。各コーナーにあるクイズ形式の問題には、日本史選択者のみならず皆が熱心に取り組み、時間をすぎて見学する生徒もいました。見学後は紅葉した木々の美しい広場でお昼を食べ、ひんやりとした秋の空気を感じつつ帰路に着きました。

ページトップへ
閉じる