体育祭(10/8)

第46回体育祭がさわやかな秋空のもと行われました。今年はテニスコートも完成して、入退場のスペースも十分に確保することができ、のびのびとスポーツの祭典を催すことができました。今年は2・3年生を中心に中学生の力が充実し、白熱した勝負が随所に見られた体育祭となりました。

体育祭

「体操の隊形に開け!」の合図で準備体操。昨年度はテニスコートが工事中でしたが、今年はすべて完成したため、本来の目黒星美の体育祭の形が戻りました。

体育祭

“網くぐり”“カンガルージャンプ”などを次々こなす七種競技。その最後は“パン食い競争”。手を使ってはいけませんよ!

体育祭

全員リレーAグループ。全員リレーはクラス全員が走るリレーで、1〜6年のガチンコ勝負。足の早い生徒も遅い生徒も全員が走るので、1年が弱いとも限らないのがミソ。

体育祭

百足競争。今年から長下駄タイプでなくテープタイプになったムカデ競争ですが、こちらの方が実は難しかったようで、テープがはずれたり転倒したり。でも練習のかいあってか、各学年とも予行の時より上達していました。

体育祭

1・2年の集団体操、通称「ドン・ボスコ体操」。“扇”や“花”、“ウェーブ”など随所に見所があり、シンプルながらも見ごたえがあるマスゲームです。

体育祭

午前中の最後は応援合戦。各学年趣向を凝らして制限時間内のパフォーマンスを行います。先頭バッターは赤・2年生。

体育祭

学年席からも熱い声援が。紫は4年生。

体育祭

青は5年生。

体育祭

緑は3年生。

体育祭

白・6年生は硬派に決めました。

体育祭

応援合戦でトリをつとめたのが1年生。しかし今年の1年生のパフォーマンスは、よく練習されていて完成度が高く、応援賞を見事にゲット。

体育祭

午後の競技のオープニングは大行進。これも本校体育祭の名物。全校生徒600人がグランドを縦横に行進する様は圧巻です。

体育祭

5・6年の学年演技は「ソーラン節2011」。黒のコスチュームに身を包み、“書道ガールズ”の一文字書きパフォーマンスも織り交ぜながらの迫力のあるソーラン節でした。

バスケ

午後の一般種目の最後はミニ綱取り。スタートダッシュがものをいう、バーゲンセールさながらの綱の取り合いは迫力満点。

体育祭

最後までもつれた勝負を制したのは緑・3年生。初優勝おめでとう!

ページトップへ
閉じる